無添加アーモンドミルクおすすめ4選。糖質制限、ダイエットをしている方にも人気

アーモンドミルクは、アーモンドの豊富な栄養を効率よく吸収できることや、牛乳に代わる植物性の飲み物として人気のある飲み物です。

「アーモンドミルクはカロリーが高いのでは?」と思う人がいるかもしれません。
実は、アーモンドミルクは牛乳や豆乳よりも低カロリー。しかも糖質が少なくコレステロールはゼロなので、糖質制限やダイエットをしている方にもおすすめの飲み物なのです。

しかし一方で、アーモンドミルクの種類によっては、添加物や甘味料などが含まれているものがあり、必ずしも健康的とは言えない商品もあります。

そこで、ここでは体に安心なアーモンドミルクの選び方と、おすすめの無添加のアーモンドミルクを紹介します。

アーモンドミルクの特徴は豊富な栄養と低カロリー・低糖質

ビタミンEが豊富

アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンEは、酸化防止作用といった老化を防ぐ効果や、活性酸素の害から細胞を守る作用があり、生活習慣病の予防・改善に役立つ栄養素です。

オレイン酸、マグネシウムなどのミネラルを含んでいる

オレイン酸は、過剰に増えた悪玉コレステロールを抑える効果や、便秘を解消する効果があります。またミネラルは、体の臓器や機能を正常に働かせ、健康に保つために欠かせない栄養素です。

カロリーや糖質量が低い

アーモンドミルクは、牛乳や豆乳に比べてカロリーが低い飲み物です。
たとえば200ml(コップ1杯分)のカロリーや糖質量を比較してみると、次のようになります。

カロリー糖質量
牛乳134kcal9.6g
豆乳92kcal6.1g
アーモンドミルク(砂糖不使用)28kcal~38kcal1.0g

<カロリー>
牛乳・豆乳・・・食品成分データベース(文部科学省)の参考値
アーモンドミルク・・・一般的な商品の参考値
<糖質量>
引用・・・女子SPA https://joshi-spa.jp/827594

アーモンドミルクはこんな方におすすめ

  • 牛乳・豆乳の代替品を探している方
  • 乳・大豆アレルギーの方
  • 健康意識の高い方
  • ヴィーガンやベジタリアンの方
  • 生活習慣や食生活が気になる方(コレステロールゼロ)
  • 健康的なダイエットを目指したい方
  • 良質な植物性たんぱく質を摂りたい方
  • 糖質制限をしている方(低糖質飲料)

無添加アーモンドミルクの選び方

無添加のアーモンドミルクを選ぶときは、次のポイントをチェックしましょう。

ポイント1:食品添加物が入っていない

アーモンドミルクに使われやすい添加物には、植物油脂、安定剤、食塩、乳化剤、pH調整剤などがあります。

これらは、飲んだときの印象がなめらかに感じるよう調整したり、保存期間を延ばしたりするために使われます。

また牛乳の代わりというイメージもあることから、牛乳の栄養成分に近づけるため、栄養強化を目的とした添加物が使われることもあります。

添加物を使い、低価格で提供しているアーモンドミルクもあることから、無添加のアーモンドミルクはどうしても割高に思えるかもしれません。

しかし美容や健康のために飲むのであれば、安全性に不安が残る添加物が使われているアーモンドミルクは、できるだけ避けることをおすすめします。

ポイント2:砂糖などの甘味が入っていない

アーモンドミルクには、砂糖などの甘みが付いた商品もあります。
しかし美容や健康のために飲むのであれば、無糖タイプのアーモンドミルクを選びましょう

特にダイエット中の方やヘルシーな生活習慣にこだわる方には、ぜひ無糖タイプをおすすめします。

砂糖という表示がない商品でも、果糖ぶどう糖液糖、水あめなどが入っている商品があります。

さらに「砂糖不使用」と表示されていても、スクラロース、アセスルファムKといった甘味料が使われている商品もあります。よく確かめて選びましょう。

ポイント3:アーモンドの含有率

アーモンドミルクにアーモンドが含まれる量(アーモンド含有率)は、商品によってバラツキがあります。
たとえばアーモンドが1%程度しか含まれていないものがある一方で、含有率が約10%という商品もあります。

一般的なアーモンドミルクの多くは、アーモンド含有率が約3%前後と言われています。3%という量のイメージは、アーモンドミルク200mlでアーモンド5、6粒程度です。

含有量が高いアーモンドミルクには、アーモンド含有率が8~10%の商品もあります。この場合はアーモンドミルク200mlでアーモンドは約16~20粒分の割合になります。

アーモンドが1%程度しか含まれていないアーモンドミルクでは、味が薄く栄養素の量が少ない商品になってしまいます。そのため、そのような商品では、味や栄養成分を添加物で補っている可能性があります。

つまり添加物が含まれているアーモンドミルクでは、アーモンドの含有量が極端に少ない可能性があり、反対に無添加のアーモンドミルクであれば、味や栄養成分を補う必要がない量のアーモンドが含まれていると言えます。

ところでアーモンドの含有率が高ければ、それだけ栄養素の量は多くなりますが、一方で飲みにくさや味にクセを感じることもあります。

もしアーモンドミルクを飲むのが初めてであれば、アーモンドの含有率が高い商品は、避ける方が良いでしょう。

ポイント4:アーモンドミルクの品質にこだわるならオーガニック(有機)

アーモンドミルクの品質にこだわるなら、オーガニック(有機)タイプを選ぶと良いでしょう。
「有機JAS認証品」と表示されていれば、オーガニック(有機)商品であることの証です。

無添加アーモンドミルクおすすめ4選

ブリッジ 有機アーモンドドリンク【増粘剤・砂糖不使用】有機JAS認定

特徴
■有機JAS認証品
■特許を取得した製造方法
■良質な有機アーモンドを使用
■砂糖不使用・増粘剤不使用
■アーモンドの含有量を増量
■乳成分不使用&コレステロールゼロ
■使用している水は18世紀の時代から高く評価されているイタリアの新鮮な湧水を使用

原材料:有機アーモンド
内容量:00ml×8

筑波乳業 無添加濃いアーモンドミルク (砂糖・食品添加物不使用)

特徴
■国内の工場で製造(創業70年以上のメーカー)。成分を濃いまま逃さない製法。
■砂糖不使用
■アーモンド含有率が約8~10%
■コレステロールはゼロ
■栄養強化を目的とした添加物は加えていない
■遺伝子組み換え作物不使用
■コップ1杯(250ml)で成人女性目安量のほとんどが補える濃さ

原材料:アーモンド(アメリカ)
内容量:125ml×15本

プレマEcoMil(エコミル) 有機アーモンドミルク(無糖)

特徴
■有機JAS認定品
■無糖
■乳製品・砂糖不使用・塩分・油分無添加
■保存料・着色料無添加・乳化剤・安定剤不使用
■コレステロールゼロ

原材料:有機アーモンド、有機タピオカスターチ、アーモンド香料
内容量:1000ml

Haruna 137degreesアーモンドミルク(甘味不使用)

特徴
■ローストアーモンドを使用した香ばしくまろやかなアーモンドミルク
■新鮮なアメリカ・カリフォルニア産のアーモンドを使用し、 自社工場で丁寧に焙煎
■香料・砂糖不使用。化学合成添加物不使用

原材料:アーモンドミルク、ひまわり種
内容量:180ml×36本

アーモンドミルクのおいしい飲み方

アーモンドミルクは、そのまま飲むだけでなく、たとえば、

  • 牛乳や豆乳の代わりとして、シリアル・グラノーラにかけたり、スムージーに混ぜる。
  • ケーキ、プリン、スープ、パスタソースなど、お菓子や料理の材料として使う
  • カフェオレや話題のダルゴナコーヒーを作るときの材料に

など、幅広くアレンジすることができます。

コーヒーなどの飲み物に混ぜるとき、商品によっては分離してしまうこともあるので、しっかりとかき混ぜることが、アーモンドミルクをおいしく飲むときのコツです。

まとめ

アーモンドミルクはカロリーが低く低糖質でありながら、栄養豊富です。
またコレステロールはゼロなので、糖質制限やダイエットをしている方にもおすすめの飲み物です。

しかし添加物や甘味料などが含まれていると、必ずしも健康的な飲み物とは言えません。

体に安心安全なアーモンドミルクを選ぶのであれば、無添加のアーモンドミルクをおすすめします。

Scroll to Top