無添加で安心なノンアルコールビールを探している方に。無添加ノンアルコールビールおすすめ7選

「休肝日のため」や「車の運転があるとき」など、ビールを飲みたいけれど飲めないときに、ノンアルコールビールを利用する人は多いと思います。
最近は「健康志向の高まり」や「アルコール離れ」によって、ビールの代わりとしてではなく、ノンアルコールビールそのものを楽しむ人も増えています。

ただ一般的なノンアルコールビールは、添加物が使われているものが多く見受けられます。体のことを考えてノンアルコールビールを飲むのですから、できるだけ添加物が入っていないものを選びたいものです。

ここではアルコールを控えたい方だけではなく、ノンアルコールビールを健康的に楽しみたい方のために、無添加のノンアルコールビールを紹介します。

無添加ノンアルコールビールは、「安心して飲める」ことが最大のメリット

無添加ノンアルコールビールのメリットは、何といっても添加物が使われていないので、体に安心ということです。

参考までに、一般的なノンアルコールビールと、無添加ノンアルコールビール、それぞれの原材料を比較してみましょう。

例)一般的なノンアルコールビールの原材料
O製品麦芽(外国製造)、ローズヒップエキス末、ホップ/炭酸、香料、酸味料、
カラメル色素、ビタミンC、苦味料、甘味料(アセスルファムK)
A製品食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、
酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
K製品難消化性デキストリン(食物繊維)(韓国製造)、熟成ホップエキス、
ぶどう糖果糖液糖、大豆たんぱく、米発酵エキス/炭酸、香料、
酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)、苦味料
K製品麦芽(外国製造)、水あめ、食物繊維、米発酵エキス、ホップ/炭酸、
香料、酸味料、調味料(アミノ酸)、乳化剤
(例)無添加ノンアルコールの原材料
R製品ロースト麦芽、ホップ
N製品モルト(麦芽)、ホップ
O製品麦芽、ホップ
B製品しょ糖、ホップ、大麦

こうして比較してみると、一般的なノンアルコールビールに食品添加物がいかに多く含まれているかが分かります。
そして食品添加物は、必ずしも安全とは言い切れない面があります。

たとえば甘さが砂糖の200倍ある「アセスルファムK」は、化学的に作り出された人工甘味料です。人工甘味料は「血糖値を上昇させてしまう危険性」や「体に吸収されにくいため肝臓や腎臓への負担が大きくなる」といった指摘があります。

また「乳化剤」は、水と油のような混ざりにくい物質を、化学的に性質を変えて混ざりやすくさせます。化粧品やシャンプーなどでは「界面活性剤」と表示され、食品になると、「乳化剤」と表示される添加物です。

これに対して無添加ノンアルコールビールの原材料は、その多くが「麦芽」と「ホップ」というシンプルなものです。

無添加ノンアルコールビールは、食品添加物を気にすることなく、安心して飲めることが最大のメリットであり、購入者の満足につながっています。

無添加ノンアルコールビールの「味」や「ビール感」への満足度は千差万別

ノンアルコールビールは味や風味が向上し、以前よりおいしくなっていることから、業界全体で売り上げが伸びています。
そこで「無添加であれば、さらにおいしいのでは?」と期待を持つ方がいると思います。

無添加ノンアルコールビールの「味」や「ビール感」に対する満足感には、たとえば

  • コクも深みもあり味わいが素晴らしい
  • 地ビールを飲んでいるみたいで感動
  • 今までのノンアルコールビールの中で一番美味しい
  • これこそ本物
  • 無添加で安心!ビール感もあって満足

といった評価があります。(参考 Amazon)

一方で、

  • 甘さが気になる
  • 味は普通のノンアルコール。ちょっと期待外れ
  • 今一歩ビール感に欠ける
  • 炭酸が弱い

といった評価もあります。(参考 Amazon)

しかし誰にでも、自分の好みに「合う」「合わない」という相性があります。
そもそも味や風味といった好みは、人によって千差万別だからです。

無添加のノンアルコールビールを購入した人に共通している満足感は、食品添加物が入っていないという「安心感」です。

「味」や「ビール感」に関しては、まずは試してみて、自分の好みに合う商品を見つけていくのが良いでしょう。

無添加 ノンアルコールビールの選び方

自分の好みに合う無添加ノンアルコールビールを選ぶときには、次のような項目を参考にしてみてください。

味、ビールらしさ

  • 苦味・コク
    ・しっかりした苦み・コクがあるタイプ(食事のお供、リラックスタイムなどに)
    ・苦み・コクは控えめ(リフレッシュタイム、アウトドア、スポーツ後などに)
  • 炭酸・泡立ち
    ・普通(よりビールらしさを求める方に)
    ・控えめ(炭酸が苦手な方に)

微量なアルコールの有無

法的にはアルコールが1%未満であればノンアルコールと定義されます。
そのため、ノンアルコールビールであっても、必ずしもアルコール分がゼロではない商品もあります
微量なアルコールが含まれることによって、よりビールらしいという評価もあります。

無添加ノンアルコールビールおすすめ7選

ヴェリタスブロイ(ドイツ産)

「ヴェリタスブロイ」はドイツの「ビール純粋令」を厳格に守って造られている無添加ノンアルコールビールです。
ビール純粋令とは、ビールに使って良い原料を「麦芽・ホップ・水・酵母」のみと定めているドイツ独自の法律です。

原料となる水は天然水で、麦芽・ホップにもこだわりの材料を使い、ビールからアルコール分を除去するという製法で造られています。

また「必須アミノ酸」を含む18種類のアミノ酸がバランス良く含まれているほか、マグネシウム、カリウム、カルシウムといったミネラル成分、ギャバ、キサンチンといったポリフェノールなど、様々な栄養素が含まれているのも特徴です。

・炭酸は弱め
・ほんのりとした苦み
・コクあり

原産国ドイツ
アルコール度数0.0%
原材料モルト、ホップ
カロリー12kcal(100ml あたり)
コレステロールゼロ
脂肪分ゼロ
プリン体検査・表示を行なっていない

日本ビール【龍馬1865】

「龍馬1865」は、日本で初めての無添加ノンアルコールビールです。

ドイツ産の麦芽とホップのみを使い、麦芽100% にこだわって造られています。

・ドイツビールのような、しっかりとした麦の香りと苦み

原産国日本
アルコール度数0.00%
原材料麦芽、ロースト麦芽、ホップ
カロリー11kcal(100ml あたり)
プリン体ゼロ
糖質2.7g

日本ビール【忍者ラガー・ノンアルコール】

「忍者ラガー」は、世界初のハラル認証(※)済みのノンアルコールビールです。

(※)ハラル認証とは、原料から流通、製造に至るまで、アルコールと豚肉が関わらない環境でつくられている証。

ドイツ産の麦芽とホップのみを使い、麦芽100% にこだわって造られています。

・ドイツビールのような、しっかりとした麦の香りと苦み
・炭酸、コクは弱め
・苦みあり

原産国日本
アルコール度数0.00%
原材料麦芽、ロースト麦芽、ホップ
カロリー11kcal(100ml あたり)
プリン体ゼロ
糖質2.9g

新潟麦酒  NON ALCOHOL

「新潟麦酒 NON ALCOHOL」は、「ビン内発酵」で醸造されている麦芽100%のノンアルコールビールです。
ビン内発酵は、本場ドイツやベルギーなどで古くから行われているビール製造方法です。

ビンに詰められてからも熟成が進むので、ワインやシャンパンと同じように、日がたつほどに味が変わっていくのが特徴です。

・地ビールのような味わい
・甘みのある個性的な味
・きめ細かい泡

原産国日本
アルコール度数0%
原材料大麦、麦芽、ホップ

ブローリー【プレミアムラガー】(オーストラリア産)

「ブローリー プレミアムラガー」はオーストラリア産の無添加ノンアルコールビールです。

法的にはノンアルコールビールですが、アルコール分0.9%以下を含みます

・きめ細かい泡
・コクは薄めながら、苦味あり
・程良いキレ
・甘さやクセがない

原産国オーストラリア
アルコール度数0.9%以下
原材料麦芽、しょ糖、ホップ、大麦
カロリー15kcal(100ml あたり)
プリン体1mg未満

カチプラ ビアテイスト

「カチプラ ビアテイスト」は原材料にドイツ麦芽100%、ドイツ産ホップ100%を使用し、日本国内で製造されている無添加ノンアルコールビールです。

・苦み、コクは控えめ
・泡が控えめな、すっきりタイプ

原産国日本
アルコール度数0.000%
原材料麦芽、ロースト麦芽、ホップ
カロリー12kcal(100ml あたり)
プリン体ゼロ

【2020年新発売】オールフリー

【2020年新発売】「オールフリー」は大手有名メーカーが造った無添加ノンアルコールビールです。

「ビールと同じ二条大麦麦芽の一番麦汁だけを使用した、麦芽100%仕込み」、「アロマホップ100%」、「天然の深層地下水100%で仕込む」など、原材料にこだわって造られています。

・「リフレッシュできる気持ちよさ」を目ざして、「グッとくるのどごし」と「キレ」を追求した味
・苦み控えめ

原産国日本
アルコール度数0.00%
原材料麦芽、ホップ
カロリーゼロ(※1)
糖質ゼロ(※1)
プリン体ゼロ(※2)
※1栄養表示基準に基づき、100mlあたり5kcal未満を「カロリーゼロ」、
100mlあたり0.5g未満を「糖質ゼロ」と表示
※2100mlあたり0.5mg未満を「プリン体ゼロ」と表示

ノンアルコールビールで注意すること

ノンアルコールビールは、あくまで大人向けに開発された商品です。本物のビールやアルコール飲料に誘い込むきっかけになる恐れもあるので、子供には飲ませないようにしましょう。

また、必ずしもアルコール度数が0%ではないノンアルコールビールもありますので、注意しましょう。

Scroll to Top